連盟のご案内

【岡山県身体障害者陸上競技連盟について】
岡山県身体障害者陸上競技連盟(以下、連盟)は、岡山県内における身体障害者陸上競技の普及、そして健全な発展と会員相互の親睦を図ることを目的とします。
また連盟は、地域における各機関と協力し、競技力の向上、選手の育成を目的とした活動を行い、各地大会での振興に寄与し発展に努めます。

連盟では一般会員(身体障害者手帳を有する者)と賛助会員(障害者スポーツに理解を持ち、連盟の事業に協力する者)で構成されています。

岡山県身体障害者陸上競技連盟は、日本身体障害者陸上競技連盟への登録団体とし各地へ選手の派遣を行います。

【ごあいさつ】
岡山県身体障害者陸上競技連盟は岡山の地域において、スポーツという媒体を基盤とし、心・技・体の成長を目指し、地域へ世界へとグローバルに活躍する競技者の輩出を目標にしています。また未来へ繋ぐ為にもジュニアの育成や新たな競技者の支援も行っています。
NPO法人桃太郎夢クラブや岡山大学や岡山県、そして地域の機関との連携により、医学的サポートに加えて栄養指導、筋力測定等の専門的な支援も行ってきました。
障害を持つ方々が、安心してスポーツへの最初の一歩を踏み出し、生涯スポーツ・健康スポーツとしてスポーツを人生の楽しみの一つとして行って頂きたい。そしてその中から世界へ挑む競技者が生まれることを願います。
我々が発信できる情報が、皆様のお役に立てることを願い、ご挨拶とさせていただきます。

岡山県身体障害者陸上競技連盟 松永仁志

▲ このページの最初へ戻る